【神戸三宮】おひとりさまも安心!穴場の立ち飲み店3選♪

最近、立ち飲み居酒屋が人気ですね。人気店はお昼や夕方の早い時間からお客様が入っていて、コアタイムは満席で入れないなんて事もよくありますよね。今回は、オープン間もない店やちょっと路地裏に入っている店など、三宮・元町で穴場の立ち飲み店を3件チョイスしてみました。

まずは1店舗目


スタンド まる喜(まるき)

「すたんど まる喜」店頭

「すたんど まる喜」店頭

2019年5月に「日田やきそば まる喜」からリニューアルした鉄板居酒屋「すたんど まる喜」。平日は15時~、土・日曜、祝日は11時30分から“ちょい飲み”が楽しめます。

「すたんど まる喜」店内

「すたんど まる喜」店内

店内はカウンター7席、テーブル14席、立ち飲みが4卓。オープンな店内で入りやすい店です。

「すたんど まる喜」料理

「すたんど まる喜」料理

ドリンクは生ビール中(銘柄:キリン一番搾り)が280円、生ビール大が550円と格安。ハイボール、チューハイ、日本酒など一通りのドリンクが揃っています。料理も一品220円~とリーズナブルです。名物はリニューアル前の店の味を引き継ぐ、大分のご当地グルメ「日田やきそば」700円です。こちらもスピードメニューから鉄板焼き、肉類、揚げ物、麺類まで300~400円台の料理が約30種類程あります。生ビール2杯とポテサラや唐揚げ、天ぷらなどの指定されたメニューから2品を選ぶ「ちょい飲みセット」1,120円は超お得です。

お店の情報はこちら。


店名:すたんど まる喜(まるき)
住所:神戸市中央区三宮町1-6-15
営業時間:月~金15:00~L.O.20:30、土曜・日曜、祝日11:30~L.O.19:30
定休日:不定

続いて、2店舗目はこちら。


立ち飲み 安い(やすい)

「立ち飲み 安い」店頭

「立ち飲み 安い」店頭

2020年3月に三宮にオープンした立ち飲み居酒屋「立ち飲み 安い」。店名の通り「極限までリーズナブルに!」という店主の思いが詰まった店です。場所は「ドン・キホーテ 三宮店」の西側、「新仙閣」の手前の道を山側へ20m位上がった右手にあります。

「立ち飲み 安い」店内

「立ち飲み 安い」店内

店内はカウンターとテーブルのみの立ち飲みスタイル。ドラム缶や事務用キャビネットなど個性的なテーブルですよ。

「立ち飲み 安い」料理

「立ち飲み 安い」料理

ドリンクは生ビール中(銘柄:金麦)が250円、トリスハイボール200円、チューハイ各種が200円と破格の安さです。料理は100円~300円のアテメニューが50種類以上。メガハイボールとキムチチーズの「ワンコインセット」500円や、メガハイボール3杯とお任せおつまみ1品の「超せんべろセット」1,000円などさらにお得なセットもあります。駅からの距離が少しありますが、超お得に楽しめること間違いなしです。

お店の情報はこちら。


店名:立ち飲み 安い(やすい)
住所:神戸市中央区下山手通2-12-7 ダイキホームビル103
営業時間:16:00〜L.O 21:30
定休日:日曜、第2月曜

最後の店舗はこちら。


一合一笑(いちごういちえ)

「一合一笑」店頭

「一合一笑」店頭

2022年3月に元町にNewオープンした立ち飲み居酒屋「一合一笑(いちごういちえ)」。場所は元町駅から西へ徒歩7分程の場所。花隈城跡に面している道路(花隈本通)の一つ手前の杉を山側に20m程坂道を上がった所です。

「一合一笑」店内

「一合一笑」店内

店内はカウンターにテーブルが4卓の立ち飲みスタイル。Newオープンだけあって綺麗な店内です。

「一合一笑」料理

「一合一笑」料理

ドリンクは生ビール(銘柄:スーパードライ)が380円、ハイボール400円、チューハイ各種350円と良心的な値段。料理はメニューすべてが450円以下とリーズナブルだが、国産の食材にこだわっています。「かこしま黒豚」を使った焼売や、ハムカツ、豚肉巻きなど、お酒にあうアテが20種程揃っています。

お店の情報はこちら。


店名:一合一笑(いちごういちえ)
住所:神戸市中央区北長狭通5-7-20
営業時間:16:30~L.O.20:45
定休日:日曜、祝日

いかがでしたでしょうか。
たまにはいつもと違う立ち飲み屋で“ちょい飲み”を楽しんでみては。

※本記事は 2022年05月06日 時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

topへ帰るよ