「わしゅまる」で“ちょい飲み手帖”体験レポ。ちょい飲み手帖vol.17[PR]

ちょい飲みメニュー内容

・日本酒3種飲み比べ or ビール、ハイボールなどドリンクメニューから1杯選択
・お通し(お造り3種)
・ポテトサラダ
・クリームチーズ味噌漬

合計2,050~2,600円(ちょい飲み手帖神戸版vol.17持参で1,000円)

※2022年4月22日~2022年8月25日まで

わしゅまる

目次

お店の情報

お得な「ちょい飲みセット」を集めたグルメ本の第17弾が4/22発売!

三宮、元町、神戸のお得な「ちょい飲みセット」を集めたグルメ本の第17弾が4月22日発売!掲載店の中から、今号初掲載の「わしゅまる」で『ちょい飲み手帖 神戸版 vol.17』を体験してきました!

「わしゅまる」店頭

『ちょい飲み手帖 神戸版』とは、神戸の人気飲食店の「ちょい飲みセット」を集めたグルメ本です。掲載店舗が提供するアルコールドリンク一杯とオススメの料理1品以上の通常1,200円以上のセットが本書を持参することで税込1,000円で愉しめます。

 

ちょい飲みメニューの説明

新たな日本酒との出会い。希少銘柄をじっくり少しずつ味わう

「わしゅまる」で“ちょい飲み手帖”体験

「わしゅまる」で“ちょい飲み手帖”体験

まずは入店。入店時に「ちょい飲み手帖は使えますか?」と席の案内前にお店の人に伝えてください。その際に人数と利用数を伝えるとスムーズです。

「わしゅまる」店内

「わしゅまる」店内

「わしゅまる」は2022年1月にオープンした日本酒好きの店主が営む日本酒バー。店内はカウンター4席とテーブルが2卓(4席)、上品でスタイリッシュなおしゃれな店内です。この日はカウンター席に案内していただきました。

席に着いたらさっそく注文します。

「ちょい飲み手帖セット」注文時

「ちょい飲み手帖セット」注文時

注文時は掲載ページを開いて「ちょい飲み手帖セットください」と注文しましょう。各店ごとに「ちょい飲み手帖セット」の提供可能時間が異なります。利用できない曜日や時間もあるので、事前にチェックしておきましょう。

次にドリンクを注文します。
メニューはこちら。

「わしゅまる」メニュー

「わしゅまる」メニュー

「わしゅまる」メニュー

ドリンクは「日本酒3種飲み比べ or ビール、ハイボールなどドリンクメニューから1杯選択」となっています。生ビール(銘柄:プレミアムモルツ)、角ハイボール、チューハイ、百年梅酒などからも1杯選択できますが、ここは「日本酒3種飲み比べ」がおすすめです。而今(じこん)、十四代(じゅうよんだい)、磯自慢(いそじまん)、田酒(でんしゅ)、くどき上手、伯楽星(はくらくせい)、黒龍(こくりゅう)などプレミアムな日本酒がずらり(この日は「十四代」は品切れでした)。3種類を選ぶのにも迷ってしまいますね。

次に料理を注文します。料理は固定内容になるので、特に選ぶ必要はありません。

待つこと数分…

「わしゅまる」の「ちょい飲み手帖セット」

「わしゅまる」の「ちょい飲み手帖セット」

こちらが「わしゅまる」の「ちょい飲み手帖セット」です。見た目も綺麗でとても豪華なセットですよ。

「わしゅまる」の「日本酒3種飲み比べ」

「わしゅまる」の「日本酒3種飲み比べ」

「日本酒3種飲み比べ」はこちらの3種類を選びました。三重県名張市にある木屋正酒の「而今(じこん) 特別純米」、山形県鶴岡市にある亀の井酒造の「くどき上手 純米大吟醸 Jr.のヒ蜜 Yellow 生詰」、青森県青森市にある西田酒造の「田酒(でんしゅ) 特別純米酒」。他ではなかなか飲めない地酒が飲み比べできる贅沢。見ているだけでも楽しくなりますね。

「わしゅまる」のお通し

「わしゅまる」のお通し

こちらが「お通し」です。この日のお造りはスズキ、タイ、ハジビキの3種。ハジビキは身は赤いですが白身魚に分類される割と珍しい魚だそうです。食感もほどよく美味しい刺身でした。

「わしゅまる」のお通し

「わしゅまる」のお通し

そして添えてあったこちらが「赤なまこの茶ぶり」です。「茶ぶりなまこ」は元々は石川県の郷土料理で、なまこ独特の臭みを取ることができ、身も柔らかくなって食べやすくなる調理方法との事。初めて食べましたが、柔らかく食べやすくてとても美味しかったです。

「わしゅまる」の「クリームチーズ味噌漬」

「わしゅまる」の「クリームチーズ味噌漬」

こちらは「クリームチーズ味噌漬」。濃厚な味でお酒はよくすすみますよ。

「わしゅまる」の「ポテトサラダ」

最後に「ポテトサラダ」。半熟卵が食欲をそそります。この「ポテトサラダ」ですが、中に「いぶりがっこ」が和えられています。カリカリした食感と燻製の香ばしさが新鮮でした。

この日は平日の早い時間にお伺いしましたが、既に「ちょい飲み手帖 神戸版」利用の女性のおひとりさまが居られました。滞在中も2組が来店されていましたが、どちらも「ちょい飲み手帖 神戸版」のご利用の方でした。皆さん飲み比べできる日本酒の銘柄にすごく驚かれていました。

せっかくなので店主オススメの日本酒を追加してみました。

「わしゅまる」の日本酒(水とエチカ)

「わしゅまる」のオススメの日本酒

「今日のオススメならこれかな?」と出していただいたのが、栃木県さくら市にある仙禽の「水とエチカ」です。名前のとおり水の様にスッキリした透明感のあるお酒です。さらっとした口あたりで上品な日本酒でした。ほかにも作(ざく)や仙禽(せんきん)などもある様でした。

それではお会計。「ちょい飲み手帖セット」は税込み1,000円です。今回はお酒を追加したので合計1,800円でした。

「ちょい飲み手帖セット」会計時

「ちょい飲み手帖セット」会計時

会計時にはスタンプ(サイン)をもらいましょう(注文時にスタンプを押す店舗もありますのでご注意ください)。利用期間中(~8/25迄)であれば1店舗3回までお得に「ちょい飲み手帖セット」を注文できます。

希少な日本酒と楽しい時間をありがとうございました。

ちょい飲み手帖vol.17

「ちょい飲み手帖vol.17」

今号では焼き鳥や造り盛り合わせ、焼き餃子、唐揚げなど各店趣向を凝らした「ちょい飲みセット」を64店舗掲載しています。コロナ禍で大人数での会食や宴会が避けられる中で、おひとりさまや少人数でサクっとお得に飲めるグルメ本として活用いただけます。本書内には各掲載店舗の感染予防対策一覧や、withコロナ時代のニューノーマルなちょい飲みスタイルを紹介するなど、読者に安心してご利用いただけるコンテンツもご用意しています。

「新しい生活様式」にあわせた外食スタイルを提案する『ちょい飲み手帖』を、ぜひお手にとってご覧ください。

『ちょい飲み手帖 神戸版 vol.17』の公式ホームページはこちら
本誌の購入は、神戸市内の書店、コンビニ、Amazon一部掲載店

 

ちょい飲み情報

追加オーダーしたいトップ3

  1. 地鶏の唐揚げ 950円
  2. 蘭王の出し巻 800円
  3. 炙り明太子 700円

バロメーター

一人のみレベル
初心者
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
上級者
シチュエーション
しっとり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
にぎやか
男女比
男性多め
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
女性多め

店内撮影

SNSへの投稿

編集部のおすすめポイント

プレミアムな日本酒の「3種飲み比べ」の破壊力は凄まじいです。なかなか飲み比べることができない地酒を少しずつ楽しめるのは感動体験でした。料理も他とは違ったアレンジが効いていて、本当にお酒にあう料理がいっぱいありました。

店舗情報

四季の日本酒と鶏と肴 わしゅまる
電話番号
078-855-3894
住所
神戸市中央区中山手通2-10-22 伸野ビル102
営業時間
18:00~L.O.翌1:30
定休日
不定
詳細を見る
席数
テーブル4席、カウンター4席
喫煙
通常利用時の席料とお通し
お通し代800円
平均予算
4000円
お手洗い
キャッシュレス決算
▼クレジットカード
Visa, JCB, Mastercard, American Express, Diners Club
▼QRコード決済
不明
SNSアカウント

※本記事は 2022年05月13日 時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

topへ帰るよ