三宮の「季楽」取材レポ。日本酒飲み比べができる読者限定セット

割引あり
ちょい飲みセット内容

日替わりのアテ4種盛り
日本酒3種飲み比べ or ドリンク1杯(ボトル以外)


読者限定メニュー
特典の提示で税込2,000円

炭酒房 季楽(きらく)

目次

お店の情報

2022年4月にオープン!旬食材を使った創作料理と旬の日本酒が楽しめる和食店

季楽が入る第13シャルマンビルの外観

季楽が入る第13シャルマンビルの外観

2022年4月に三宮にオープンした「炭酒房 季楽」をご紹介します。お店の場所はいくたロードの西、生田新道沿いにある第13シャルマンビルの2Fです。1Fには「スターバックスコーヒー 三宮生田新道店」があります。

第13シャルマンビルのエントランス(階段)

第13シャルマンビルのエントランス(エレベーター)

お店は2Fになるので、エントランス入って右奥にある階段を利用するか、右手前にあるエレベーターで2Fに上がります。

第13シャルマンビルの2F

第13シャルマンビルの2F

2Fの奥側(東側)が「季楽」になります。さっそく店内へ。

季楽の店内(カウンター席)

季楽の店内(カウンター席)

店内はモダンで落ち着いた印象。こちらのカウンター席は12席。おひとりさまや少人数での利用におすすめです。

季楽の店内(テーブル席)

季楽の店内(テーブル席)

季楽の店内(個室)

テーブルは4卓16席あります。奥には掘りごたつ式の個室もあるので、10名までの会食にも対応できますよ。

季楽のメニュー表(フード)

季楽のメニュー表(フード)

季楽のメニュー表(本日のおすすめ)

料理は、四季折々の旬食材を使った創作料理や炭火料理が楽しめます。漁港から直接仕入れる新鮮な鮮魚のお造りや、農家さんから仕入れる野菜も魅力のひとつ。

季楽のメニュー表(ドリンク)

季楽のメニュー表(日本酒)

こちらがドリンクメニューです。ビール、ウイスキー、焼酎、ワインなど一通り揃っていますが、中でも日本酒には力を入れています。日本酒は季節の限定酒など常時30種類ほど用意しているそうです。
今回は、そんな季楽の魅力がいっぱいに詰まった、読者限定のちょい飲みセットをご紹介します。

ちょい飲みセットの説明

日本酒3種飲み比べとお酒に合うアテ4種が、読者限定で2,000円!

季楽のちょい飲みセット

季楽のちょい飲みセット

こちらがちょい飲み手帖読者限定に提供するちょい飲みセットです。通常価格だと約3,000円程するセットですが、特典を提示することで税込み2,000円で注文することができます。

日本酒3種飲み比べ

日本酒3種飲み比べ

ドリンクは、日本酒3種飲み比べか、ボトルを除くその他のドリンクメニューから1杯選択できます。日本酒飲み比べは、「甘め」や「辛口」など好みを伝えると、おまかせで3種類を選んでくれます。
この日の日本酒は(写真左から)、神戸ではなかなか手に入らない島根県の米田酒造の「トヨノアキ アオ」。逆輸入の日本酒で、フルーティーな味わいの愛知県の萬乗醸造の「醸し人九平次(かもしびとくへいじ)純米大吟醸 」。山田穂を100%使用した酸の強めな奈良県の今西酒造の「みむろ杉 純米吟醸 山田穂」の3種でした。あまり知られていないお酒も用意しているため、新しい日本酒に出会えるかも。

日替わりのアテ4種盛り

日替わりのアテ4種盛り

料理は日替わりのアテ4種盛りです。その日の仕入れ状況によって、内容は変わります。

サーモンのなめろう

サーモンのなめろう

こちらは「サーモンのなめろう」です。宍粟市の山あいで、淡水だけで育てた「しそう森林のサーモン」を特製の味噌でたたいたなめろうです。日本酒のアテにぴったり。

地鶏の葱ぽん

こちらは「地鶏の葱ぽん」。淡路どりを炭火で焼き上げ、たっぷりの葱と一緒に。

ポテトサラダ

あっさりポテトサラダ

「あっさりポテトサラダ」は、マヨネーズを極力使わずに、あっさりと仕上げています。

あご出汁巻き

あご出汁巻き

トビウオの出汁をつかった「あご出汁巻き」。日替わりのアテはこれ以外に、お造りや巻き貝のうま煮などの創作和食が出るそうです。どんな料理に出会えるかは、お楽しみに。

今回ご紹介した日替わりのアテ4種と、ドリンクは日本酒3種飲み比べか、ボトルを除くその他のドリンクメニューから1杯選択できる通常3,000円相当のセットが、ちょい飲み手帖WEBの読者限定で税込み2,000円で注文することができます。通常提供はしていないため、注文には必ず特典の提示が必要になります。

ちょい飲み手帖限定の特典はこちら

お店の人の紹介

オーナーや店長の地元食材を取り入れた創作料理

季楽のオーナーの杉尾さん

季楽のオーナーの杉尾さん

季楽のオーナーの杉尾さんは、兵庫県宍粟市のご出身。また、店長は兵庫県の佐用町ご出身。宍粟市の山あいで育てられる「しそう森林のサーモン」や、佐用町の「もち大豆みそ」など、地元の食材を使った料理を提供しています。

宍粟市の「陶楽窯(とうらくがま)」の陶芸家の作品

宍粟市の「陶楽窯(とうらくがま)」の陶芸家の作品

また食器の一部には、宍粟市の陶芸家である池尻 学さんの食器を使用しています。

加西市の三宅酒造の限定メニュー

季楽のメニュー表(日本酒)

オーナーが日本酒好きなのもあり、現在は日本酒に力を入れているとの事。こちらは兵庫県加西市の酒蔵さんの限定メニューです。オーナーの杉尾さんは「当店で日本酒デビューする人も多くいらっしゃいます。日本酒をあまり飲まれない初心者の人に、ぜひ来てもらって、日本酒の良さを知っていただきたいです。」と話していただきました。

漁船をイメージした照明と天井

漁船をイメージした照明と天井

ちなみに、季楽の店内は「漁船」をイメージしているそうです。ライトはマリンライトを使用し、天井と床は、船室のサビをイメージしています。どこか懐かしさのある、それでいて大人な雰囲気の落ち着いた店内が素敵です。

ちょい飲み情報

人気メニュートップ3

  1. サーモンのお造り 850円
  2. 串各種(魚・肉・野菜) 380円~
  3. 丹波地鶏 1,280円~

バロメーター

一人のみレベル
初心者
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
上級者
シチュエーション
しっとり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
にぎやか
男女比
男性多め
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
女性多め

店内撮影

SNSへの投稿

編集部のおすすめポイント

自家製の果実酒

自家製の果実酒

カウンターに設置されているフルーツの入った瓶は、自家製の果実酒です。いちご、パイナップル、キュウイ、レモンの4種類ありました。甘いフルーツの香りと味が楽しめます。アルコール度数も、フルーツの水分で薄まるためそこまで高くない様です。女性におすすめですよ。

ちょい飲み手帖限定の特典

読者限定メニュー 2,000円

  • 17:00~22:30の入店で利用可能
  • ドリンクは日本酒3種飲み比べ or ドリンク1杯(ボトル以外)から選択可能
  • 混雑状況により利用ができない場合あり
特典を利用
読者限定
ちょい飲み手帖
炭酒房 季楽(きらく)

ちょい飲み特典

読者限定メニュー 2,000円

  • 特典画面は一回使用すると一定期間表示されません。(誤って使った場合も再表示ができません)
  • お店のスタッフにこの画面を見せて、特典の使用が可能か事前にご確認ください。
特典を使う
  • 17:00~22:30の入店で利用可能
  • ドリンクは日本酒3種飲み比べ or ドリンク1杯(ボトル以外)から選択可能
  • 混雑状況により利用ができない場合あり

この画面をスタッフに
ご提示ください

利用済みです。
明日まで利用できません。

閉じる

店舗情報

※本記事は 2022年10月05日 時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

topへ帰るよ