【神戸三宮】2022年7月オープンの“ちょい飲み”新スポット4選

2022年7月はどんな月でしたか?ちなみに昨年7月は東京オリンピックに日本中が湧きましたね。ある調査では、「7月といえば何を思い浮かべますか」という質問の答えの第1位は「七夕」なんだそうです。今年の七夕は「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」と重なって、すごく縁起がいい日だったそうですよ。
それでは2022年7月にオープンしたちょい飲み新スポットを4店舗ご紹介します。それでは一店舗はこちら。


浅野日本酒店 SANNOMIYA

浅野日本酒店の店頭

浅野日本酒店の店頭

7月1日にオープンした「浅野日本酒 SANNOMIYA」。「買えるし、飲める。日本酒の店」がコンセプトの新しいタイプの日本酒専門の酒屋さん。お店は三宮駅と元町駅の中間くらいの場所にあります。

浅野日本酒店の店内

浅野日本酒店の店内

酒屋ですので、店内には約150種ほどの日本酒を販売しています。

浅野日本酒店の店内

浅野日本酒店の店内(立ち飲みスペース)

お店の奥に、オールスタンディングの立ち飲みスペースがあります。カウンターとテーブルで16人くらいが入れるスペースです。

浅野日本酒店のちょい飲みセット

浅野日本酒店のちょい飲みセット

料理は日本酒と、日本酒に合うアテが約20品ほど。日本酒は日替わりで様々な地域の日本酒を楽しむことができます。写真は、「週替わり利き酒セット(昼720円、夜940円)」と、同店人気のメニューが詰まった「酒肴3種盛り(700円)」。ちょい飲み手帖の読者限定で、9月7日までは特典を提示すれば1,000円で楽しめちゃいます。

▼「浅野日本酒店 SANNOMIYA」の記事&特典はこちら

浅野日本酒店 SANNOMIYA

続いて、2店舗目はこちら。


炭火処たか樹(たかき)

たか樹が入るビルの外観

7月1日にオープンした「炭火処たか樹(たかき)」。場所は阪急神戸三宮駅から徒歩2分と駅近。生田新道沿いにあるノアールビルの4階にあります。

たか樹の店内

たか樹の店内(カウンター席)

店内はコの字型のカウンター6席とテーブル12席。随所に竹が使われていて落ち着いた店内です。

土佐の備長炭を使った炭火焼き鳥

こちらのお店は、高知県産の四万十鶏を、土佐の備長炭でじっくり焼き上げる本格派の焼き鳥が食べられます。大自然に囲まれ、飼料にもこだわって育てられた四万十鶏は、色ツヤも良く、プリプリでジューシーな味わいが特徴。

おすすめ串3本と生ビール

名物の焼き鳥をまずは味わってもらいたいと、「おすすめ串3本」とアルコールドリンク(ハートランドの生ビール or 陸ハイボール)の通常1,500円のセットを、ちょい飲み手帖の読者限定特典を使用すれば1,000円で食べられます。

▼「炭火処たか樹(たかき)」の記事&特典はこちら

炭火処たか樹(たかき) 

続いて、3店舗目はこちら


神戸 侍

神戸侍の店頭

神戸侍の店頭

7月5日にオープンした「神戸 侍」。場所は、阪急神戸三宮駅の西口からセンタープラザに抜ける路地にあります。

神戸侍の店内

神戸侍の店内

店内はテーブル席が約50席ほどでそこそこ広い空間。ロフト席なんかもあります。

名物!とり皮

名物!とり皮

料理は鶏肉を使ったる様理がメイン。お造りやサラダ、焼鳥、揚げ物、ごはんものまで一通りのメニューが揃っています。名物は「皮」の焼き鳥。1本50円とリーズナブルに提供されています。

生ビールと付き出し

もう一つのウリがドリンクの安さ。生ビール(銘柄:キリン一番搾り)が終日190円、オーシャンラッキーゴールドのハイボールも終日190円です。仕事帰りに焼き鳥をつまみに、ビールを軽く1杯の様な使い方なら1,000円以下で楽しめちゃいますよ。

▼「神戸 侍」の実食記事はこちら

神戸 侍

最後はこちら。


stand ノスタルジーノ

stand ノスタルジーノの外観

元町プラザの地下1階に7月12日オープンした「stand ノスタルジーノ」。阪神元町駅の西口から駅直結でいける好立地の立ち飲み屋です。

stand ノスタルジーノの店内

stand ノスタルジーノの店内

店内は全席立ち飲みスタイルの広々とした空間。看板には、「ちょい飲み・ソロ飲み・昼飲み・女性おひとり大歓迎」と書かれており、13時から営業しているので昼飲み利用も可。火曜から金曜限定(祝日除く)で17時まではハイボール・サワーが100円引きの290円で飲めるハッピーアワーも実施しています。

本日のメニュー

料理は、ポテサラやチャンジャなどのアテ系のレギュラーメニューと、黒板に書かれた日替わりのメニューがあります。

stand ノスタルジーノのちょい飲みメニュー

stand ノスタルジーノのちょい飲みメニュー

写真は、「サーモンの刺身(490円)」と「よだれ鶏(590円)」。食中毒予防の観点から、あえてサーモンは凍らせて提供しているそうです。暑い時期にはシャリシャリとした食感と冷たさがたまりません。

▼「stand ノスタルジーノ」の実食記事はこちら

stand ノスタルジーノ

いかがでしたでしょうか。まだ行ったことがないスポットがあれば是非、足を運んでみてください。

 

※本記事は 2022年07月29日 時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

topへ帰るよ